FC2ブログ

プロフィール

くらげびより

Author:くらげびより
社会人6年目に突入する2014年の夏から、青年海外協力隊員としてカンボジアのコンポンチュナン市に派遣。
現地では、生徒会活動の活性化のために中学校で運動会などの青少年活動を行うことになっています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入り

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇段試験

台風が接近している。
明日直撃するかもしれない。
大きな台風の図がテレビに出ていた。
外は激しい風が吹いている。
不謹慎と言われるかも知れないが、自分はそんな、街がいつもと違う様子でうごめいているのが楽しい。
大きな風がとても気持ち良く、空も飛べそうな気がしてくるのだ。

とは言っても、明日台風に直撃されると試験が中止になってしまうから困る。
明日は、少林寺拳法の弐段昇格考査がある。
少林寺拳法を始めて2年と少ししかたっていないのに、もう弐段になれるのか。(落ちるかもしれないけど
少林寺拳法の試験は技術だけでなく、学科試験もあるし、当日に持参さなければならない“宿題”もある。

少林寺拳法の6つの特徴はけっこう好きだ。

 「拳禅一如」  こころとからだのバランスが大切。
 「力愛不二」  力の伴わない正義は無力だ。正義の伴わない力は暴力だ。
 「不殺活人」  人を殺さず生かし、自分も生かされる。
 「剛柔一体」  剛法だけでも柔法だけでもだめ。
 「守主攻従」  自分からは決して攻撃しない。
 「組手主体」  相手がいるから自分が強くなれる。


なぜ、柔道でも剣道でも、空手でもボクシングでもなく、“少林寺拳法”を始めようと思ったのだろう。

中学、高校で灰谷健次郎さんの『天の瞳』という小説にハマっていたことを思い出す。
主人公の倫太郎たちは少林寺拳法をやっていた。
自分はその中で、「半ばは自己の幸せを、半ばは他人(ヒト)の幸せを」という考え方に「いいナ…」と思ったのだ。
灰谷さんの書く小説に出てくる登場人物は、みーんな“いい人”だ。
ある意味理想論であり、理想の世界でしかないようにも見える。
しかし、自分はそんな、人のことを大切にできる、あたたかい世界になれば良いのになぁ、と思うのだ。


天の瞳 幼年編〈1〉 天の瞳 幼年編〈1〉
灰谷 健次郎 (1999/06)
角川書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

ユダヤ人を救った日本人

杉原千畝という人は、第2次世界大戦下リトアニアの日本大使館に勤めていたが、そこで6000人にも上るユダヤ人のビザを発行することで彼らの命を救ったという。
ビザの発行は日本政府から禁止されていた。
しかし、発行しないとユダヤ人は迫害から逃れることができず、殺されるのを待つしかない。
ビザを発行することは千畝にとって危険な行為だった。
職を失うかもしれない。
家族を失うかもしれない。
命さえも。

ただでさえ世界中が戦争に巻き込まれていた時代、誰もが自分や家族の命の危機の中で精一杯なのに、千畝は自分の命を削るかのように1枚1枚ビザの発行のためにサインをしていった。
そうして彼が救った人、6000人。

なんてすごい人なのだろう。
彼は神ではない。
ヒーローでもない。
普通の人だったという。

誰だって平和な世の中を望んでいる。
誰もが幸せに暮らせることがいちばんいい。
でも、究極の状況の中で千畝のような行動を起こせる人がいったい何人いるのだろう?
自分がもしその状況下にいたら、どうだろうか?
千畝と同じ行動がとれたらいいと望む。
しかし自分の命も危うい中でそれでも人のために生きることができる可能性はとても低いのではないだろうか。

今、自分は戦争のない日本に生きている。
いまだ、世界では紛争が絶えることがない。
自分はこの幸せな場所に生まれ、幸せに生きてきた。
でも自分だけが幸せに生きているのは嫌だ。
理想論であることは頭では分かっているつもりだが、本気で世界の平和がつくられることを願っている。

私は、それを達成できるようにこれからもっと勉強して、世界の平和に貢献したいと思っている。

と書くと、イカレてると思われそうだ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。