FC2ブログ

プロフィール

くらげびより

Author:くらげびより
社会人6年目に突入する2014年の夏から、青年海外協力隊員としてカンボジアのコンポンチュナン市に派遣。
現地では、生徒会活動の活性化のために中学校で運動会などの青少年活動を行うことになっています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入り

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまで、これから

大人になったら、世界中の人が戦争や紛争に巻き込まれることがなく、幸せに暮らしていける世の中を作るために生きるのが夢だった。
今、遠回りではあるのだろうけど、それを実現するためにいろんな活動をしている。
たぶん、私の考えていることを早く実現しようとするなら、大学で国際関係を学んで、海外の大学院に進んで、そこから国際機関かNGOかに入るのがてっとり早いのだろうな…と思う。
でも、私は大学で政策科学部を選んだ。
大学では“視野を広く持ちたい”と思ったから。
大学に入らなくても、本当に勉強したかったら自分一人で勉強できるじゃん、と思っていたから、自分にとって大学とは、勉強もあるけど自分の視野を広げて社会を見るための手段だと思っていた。

この学部に入って、期待以上にいろんな人々に出会った。
政策科学部では、学生の関心はやはりバラバラだが、それぞれがその関心事に対して問題意識をしっかり持っているように感じた。
だから、社会のいろんな問題に関心を持てるようになったし、なるべく批判的に、論理的に物事を考えるように心がける事ができるようになったと思う。
一方で、法学部とか、国際関係学部とかのように、一つの学問を究めているわけではないので、自分の専門分野がなくて中途半端になってしまっている面はやはりある。
これからそれを補っていくことが必要だ。

また、大学に入学してすぐに体育会に入ってしまった。
文武両道なんて言ったらカッコよいのか分からないけど、人より学問がおろそかになりがちだ。
でも、自分の身は自分で守る事ができなければ、人の幸せを考える余裕なんてできない、となぜか思っていたので、これは避けられない道だったのかもしれない。

どっちにしろ、あと約1年で大学卒業して働くことになる。
たぶん私はだいぶ遠回りしていくのだろうと思う。
それでも、自分の見出した生きる意味を達成できるなら、それはそれで良いのだと思う。

とりあえず、目の前の課題をやることが大切……
スポンサーサイト

<< コペルニクスの仁義なき戦い | ホーム | もうすぐ終わり >>


コメント

はじめまして。
ブログの訪問者リストから来ました。
政策科学部というともしかして立○館でしょうか?

政策系の学部は広く浅くですからね~
これはどうしようもないジレンマですよね。

国際機構やNGOで働きたいということですが、これからこれらの役割はますます大きくなってくるでしょうから、やりがいはあると思うので頑張ってください。

ちなみに僕は某政策学部の3回生ですw
親近感を覚えたのでコメントさせてもらいました。

こんにちは。
大学を特定されてしまいましたw
政策学部は同●社でしょうか?

でもやっぱり、政策科学部に入っていろんな分野に目が向けられるようになったし、
全部の分野はつながってるんだなってことが少し分かってきてよかったな…と思っています。
お互いあと1年ちょっと、がんばりましょうねww

>政策学部は同●社でしょうか?
はいw

お互い頑張りましょう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。