FC2ブログ

プロフィール

くらげびより

Author:くらげびより
社会人6年目に突入する2014年の夏から、青年海外協力隊員としてカンボジアのコンポンチュナン市に派遣。
現地では、生徒会活動の活性化のために中学校で運動会などの青少年活動を行うことになっています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入り

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口から生まれたロックルー?

新学期は11月だというのに、12月に入っても授業予定表もまともにくれないサラムレ中学校。

先週行った時には、手書きの予定表を副校長から無造作に渡され(それも後から確認したら去年の予定だった)、
「詳しいことは体育教員リーダーのソムクンに任せてあるから」
の一点張り。
前回はほとんど彼を仲介役にしていたので、彼がいないことには予定が進められません。
でも、今年はめんどくさくなっちゃったのかな・・・?と思い、
「先生は私のこと助けてくれないのね」
と言って職員室を出ました。

だから、「もうこれ以上サラムレ中に関わってもしょうがないかな・・・」と半ばあきらめかけていました。
そんななか、とりあえず体育の授業を見てみようと思い朝からサラムレ中の校庭に行ってみると、
・・・やってるやってる、4~5人の体育教員がそれぞれ体育の授業(クメール体操)をやっていました!
2時間見学したうちの1時間は1クラスが遭難していたため(先生が来なかったため)
8年生にラジオ体操を指導し、なんとかなりました。。

久しぶりの単独授業でなんだか楽しくなり、さらに以前ピアノを教えていた子が私の名前を呼んでくれ、
嬉しそうにしてくれたことが私のモチベーションをぐっと上げてくれました。

さらにさらに、サラムレ中の名物教師、リーダーのソムクン自ら話をしに来てくれ、

先生「今年は競技を増やしたいんだ!でも道具をそろえなきゃいけないんだべな~。ほんで、生徒会の子らと会議しなあかんって副校長から言われてるんだべ~」
私「じゃぁこれから道具は準備するんだね?」
先生「んだんだ!」
と言ってくれて私はとても幸せな気持ちに。

サラムレ中で「運動会やようよ」と言えば口では「やろうやろう♪」と言ってくれる先生たちですが、
口ばっかりの学校だと思っていました。
でも、ちゃんと考えてくれてたんだ・・・と思うと、去年やったことが決して無駄ではなかった気がして、気持ちが晴れやかになったのでした。
前回は彼らにとって初めての経験だったため、道具をそろえたり競技の練習をするだけでも大変でしたが、
今年はもう自分たちでできる、はずです。
やる気さえあれば。

そんな彼らのやる気を垣間見て、できる限りのサポートをしたい、と思ったのでした。
スポンサーサイト

<< 年忘れ、感傷にひたる | ホーム | そういえば運動会の季節も近く・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。